« 渓山荘へ行くワンの巻② | トップページ | アンおねえたんと、お久しぶりなお友達ワン♪ »

2007年6月20日 (水)

渓山荘へ行くワンの巻③

渓山荘へ行くワンの巻②のつづき・・・

001_152
 
002_131

003_134

004_125

005_100
*川上庵*
006_91

007_73

008_66

009_60

010_49

早く帰ったワンから、渋滞にも巻き込まれずに
夕方にはおうちに着きましたワンよ♪♪
おでかけは楽しいワンね~♪
でもでも、やっぱりおうちはいいものですワンね~♪

 

どらのひとこと

一日目の日記で、とろが少し触れましたが・・・。
今回お世話になった渓山荘。チェックインした際に頂いた
ワン連れ宿泊客への案内。とってもやさしいものでした。
全館ワンOKのお宿ではないのに、ワンの気持ちを
とっても考えて下さっているんです。

もともとはペットOKではなかった渓山荘。
沢山の方からの要望に応えるかたちで、ペットと泊まれる
別館、離れの特別室(小型犬のみ)ができたそうです。
そんなスタッフのみなさんの優しさに本当に嬉しくなります。
飼い主としてはマナーを守って、部屋を汚さないように
気をつけなくちゃと思いました。

特別室は、ペットの匂いは全くしませんでした。
でも、ワンは場所が変ると何をするかわからないものです。
とろには最初マナーベルトを着けて様子を見て、
間違いなくトイレシーツのところに行くのがわかった時点で
外しました。ちなみにトイレトレーやシーツはありませんので、
持っていかれたほうがいいと思います。

前置きが長くなりましたが、渓山荘のペット連れ宿泊客への
暖かいメッセージを一部抜粋して紹介させていただきますね。



ようこそ いらっしゃいませ。


長旅でペットは疲れていませんか?

きっといつもより緊張状態になっていると思います。


まず、お散歩でもしてリラックスさせてあげて下さい。

そして、お部屋に着いたら必ずいつも誰か一緒にいてあげて下さい。


慣れない環境で独りぼっちにされたペットは、飼い主と離れて

取り残されたと思い、不安からパニックになり普段は

吠えないペットでも吠え続けてしまうことがあります。

またストレスから、便秘やおなかを壊してしまったり、


食欲がなくなってしまうことがあります。

人間同様、旅先での体調の変化はペットもよくある事ですが、

飼い主さんがそばにいてあげることで、余計なストレスを

感じないで過ごすことができます。
 

・・・・一部省略・・・・
 

どうぞペットと一緒の旅を、お楽しみ下さい。



飼い主の私より、ワンのことを考えてくれているなぁと
少し反省したどらでした(>_<)
また涼しくなったら行きたいな~♪

ブログランキングに参加していますワン♪

応援の1クリックよろしくお願いしますワン♪

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ

|

« 渓山荘へ行くワンの巻② | トップページ | アンおねえたんと、お久しぶりなお友達ワン♪ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/95651/6920273

この記事へのトラックバック一覧です: 渓山荘へ行くワンの巻③:

« 渓山荘へ行くワンの巻② | トップページ | アンおねえたんと、お久しぶりなお友達ワン♪ »